リンパとは?仕組みと役割

カラダ
スポンサーリンク

リンパの役割

Yasuki
Yasuki

リンパってよく耳にするけど、どんなもの?

リンパとはリンパ液、リンパ節、リンパ管を合わせたものをいい、無色透明で血管に沿って一方通行に流れています。

リンパの役割を簡単に言うと「免疫機能」「余分な水分の回収」「老廃物の回収」といった働きをしていてます。

リンパの仕組み

リンパ液

リンパ液の主成分は血液成分の血しょうでリンパ球(免疫細胞)も含まれています。
血液は酸素や栄養を体の細胞すみずみに届けるため、毛細血管から出て各細胞へと運び、酸素や栄養を届けます。その後、血液は静脈の血管へ戻るのですがこの時に戻れないものがあり、これを間質液と言います。
さらにその間質液の一部が毛細リンパ管に入り、これがリンパ液となります。

Yasuki
Yasuki

子供の頃、体育館などで転んだ際に血は出ないけど透明なベタつきのある体液が出たことありませんか?
あれがそうです!
この中には回収しきれなかった老廃物、細菌やウイルスなどが含まれています。

リンパ管

リンパ管は大きく分けると右上半身、左上半身+下半身で分かれていて、左右どちらも毛細リンパ管からはじまり最後は鎖骨下の静脈角へと注がれます。

リンパは血液を送る心臓のようなポンプはなく、呼吸や筋肉を動かすことで流れていきます。
ですから、デスクワークでずーっと座っている、または立ちっぱなしの時間が長いなど下肢の筋肉を動かさないことでリンパの流れが滞るため、足が浮腫んだことがある人も多いはずです。

リンパ節

リンパ節はリンパ管の途中にいくつもあり、「ろ過装置」のような役割を果たします。
その数はなんと約600〜800個あります。
よく耳にするものであれば耳下、腋窩(脇の下)、鼠蹊部(そけいぶ)、ひざ裏などです。
老廃物の回収やウイルスや細菌、腫瘍細胞(変質した自分の細胞)を塞き止め、白血球に含まれるリンパ球やマイクロファージなどが集まり攻撃排除するといった免疫機能を働かせる器官です。

ここで回収された細菌やウイルス、老廃物はどう処理されるのか?
マクロファージといった食細胞により食作用(細胞内に取り込み分解)によって処理されます。
リンパ節は全身に病原菌などがまわるのを防ぎ病気にかからないといった大切な働きをしてくれています。

リンパマッサージがおすすめの症状

リンパマッサージは滞ったリンパの流れを促し、なかなか取れない疲労やむくみ、冷えの改善を助けます。
むくみや冷え、朝起きてもなかなか疲れが取れていないなどあればリンパマッサージ を受けてみるのもおすすめですよ。