揉み返しとは?好転反応との違いと対処法

カラダ

揉み返しと好転反応って何が違うの?

もみ返しの話をすると時々聞かれる「違いって何ですか?」という質問です。
揉み返しと好転反応が同じと思ってる人もいるようですが、ちょっと違います。

はじめに、実は違いの定義は明確になっておらず、不明確です。
個人的に揉み返しと好転反応の違いは
・もみ返し→局所的(部分的)
・好転反応→全身
この2通りに分かれると思っています。

揉み返しとは?


一般的にはマッサージ後に感じる不快な症状を総称して呼んでいます。
揉み返しを感じたことのある人はグリグリ・ゴリゴリされたは経験ありませんか?
または痛いと言っているのに弱めてもらえなかった。
筋肉をグリグリ・ゴリゴリすることで筋繊維や筋膜、毛細血管が傷つき炎症することで起こります。

これは強さもありますが、揉み方や圧をかける方向、ゴリゴリと筋肉を動かすことで起こりやすいです。

感じ方としては部分的に筋肉痛や打撲痛のような痛みを感じることが多いです。

もし、もみ返しで打撲のような痛みが出てしまった場合は筋肉が炎症していますので冷やすなどして温めないようにしてください。

好転反応とは?


好転反応や瞑眩(めんけん、めんげん)といって東洋医学で使われる言葉です。

・だるさ、発熱、眠気、めまい
・排尿の増加、色や匂いの変化
などの症状が一時的に起こることです。

揉み返しとの違いは身体的に部分的な痛みを感じるというよりは倦怠感や発熱といった全身的な変化が起こり、その後体調が良くなることが好転反応です。
一般的にだるさ、めまいなどは症状が出てから数時間以内でおさまり、少し眠るだけでも治ります。

最後に

もみ返しや好転反応は個人差があります。また、施術者によっても違いますのでもみ返しが来やすい方は自分にあった担当を見つけつといいですね。

個人的には好転反応はいいもの。もみ返しはよくないものと言った感覚でいます。

施術者は
もみ返しを起こさないようにするためには
グリグリ・ゴリゴリをせず、面に対して垂直に直圧での施術。
その人にあった強さの圧。
骨に当たらないようにする。

受ける側は
痛みは体の危険を知らせるサインです。
嫌な痛みや違和感がある時は我慢せずに伝えて
ください。